経営学科

学科紹介
経営学とは


 「経営学」と聞くとどういうイメージを持ちますか?「会社の経営の仕方を学ぶ」、「お金儲けのための学問」、「社長になる人が学ぶ学問」…。残念ながら、そうしたイメージは「経営学」の実態とは少し異なっています。



 「経営学」は「企業」や「組織」を研究対象とし、「企業」や「組織」に関わる様々な人々の気持ちを考える学問です。つまり、「働く人々の気持ち」、「お客さんの気持ち」、「社会の人々の気持ち」、「お金を出している人々の気持ち」を考えるのが「経営学」なのです。



 関東学院大学経営学科では「どうしたら売れる商品が作れるのか」、「どうしたら頑張って働くことが出来るのか?」、「どうしたら人や環境に優しい経営ができるのか?」など、「ヒト」のこころをとらえることにポイントを置いて学修していきます。と同時に、こうして様々な人々のこころをとらえた結果が「利益」として表されることになりますし、こころをとらえるために色々な「情報」が必要になってきますから、そうした「カネ」や「情報」といった内容についてもしっかりと学修します。



 このように経営学科では、企業や組織、個人などにスポットライトをあて、組織の中で活躍するために必要な知識を学びます。企業や役所などといった組織で働く人にとって必須の学問である「経営学」。ぜひ関東学院大学経営学科で現代の学である「経営学」を学んで、夢に向かってはばたいてください。

経営学科トピックス
HOT LINKS