経済画学科

経済学科のカリキュラム

経済学科のカリキュラムは「導入教育の充実」と「多彩な専門教育」の2つを基本とし、21世紀の新しい社会で活躍する優れた経済人の育成を目指しています。

充実した導入教育

経済学科では1年次の春学期に全ての学生が「基礎ゼミナール」「経済学入門」を履修し、大学で経済学を勉強するために必要な基礎的な知識・能力を身につけます。「基礎ゼミナール」では、資料の読み方やノートの取り方といった大学での勉強に必要な能力を身に付けると同時に、レポートの書き方を学びます。「経済学入門」では、経済学科に所属している専任教員達が、経済学に関する基礎的な内容をオムニバス形式で解説します。

多彩な専門教育

経済学科では、2年生の春学期から、「産業経済コース」、「公共経済コース」、「情報経済コース」、「国際経済コース」から1つのコースを選択し、より専門的な知識を身につけます。各コースには各分野のエキスパートを養成する多彩な専門科目が用意されています。

カリキュラム体系の基本

学年 セメスター 講義科目 ゼミナール科目 就職支援
1年次 1 経済学入門 基礎ゼミナール  
2     キャリアを考える
2年次 3 専門コース ゼミナール募集  
4 専門ゼミナール
3年次 5 インターンシップ
6
4年次 7  
8

カリキュラム体系の詳細

カリキュラム体系
カリキュラム体系
経済学科トピックス
HOT LINKS