CONTENTS

学科紹介学科の特長教員紹介留学制度

学科紹介

経済学科と経営学科の2学科から成る経済学部。
どちらの学科も、わたしたちが暮らす家庭や社会と密接な関係を持つ、実践的で身近な分野を学びます。
経済と経営に共通する「経」の字には、「正しい道筋」という意味があります。
世界を舞台に活躍するビジネスマンを目指す、あるいは、新しいベンチャー企業を興す、などどの道筋を選択するかは、あなた次第。経済学科と経営学科にはともに連携しながら、学生一人ひとりの意欲をサポートします。


経済学部 学びの概念図


経済学部 学びの概念図

 


経済学科 Department of Economics
幅広い知識と教養を備え、新しい時代を担う人材の育成を目指します


  わたしたちは、ものを製造したり、消費したり、売買しながら生活しています。
この「市場経済社会」と呼ばれる自分たちの「生活の基盤」について考え、問題を発見し、分析、解決して社会を改善するのが経済学の使命です。そのためには専門知識はもちろん、創造力、柔軟性、行動力、そして豊かな人間性が必要とされます。経済学科では、経済学を基礎から応用までしっかり学ぶとともに、経営学や英語などを幅広く学び、広い視野でものごとを見る目を養います。また、少人数制のゼミナールなどで独立心を鍛え、現代社会で活躍できるバランス感覚の取れた人材を育てていきます。


経済学科HPへ

経営学科 Department of Business
豊かな暮らしを育む社会のしくみ――“人”、そして人が集う“企業組織”を中心に学ぶ

  豊かな人間らしい暮らしのために人と人との協力は欠かせません。仮にひとりで生活に必要なものすべてを用意するとすれば、いまのような暮らしはできないことでしょう。わたしたち人間は、お互いに協力し、豊かな暮らしを創造するための工夫を重ねてきました。経営学科ではこれらについて、企業経営をモデルに学びます。企業経営の現場を知り、基礎知識を身につけ、実践に必要な的確な判断力や柔軟な思考力を養い、そして豊かな社会づくりとそのなかでの自己実現を果たす。経営学科はそのために「基礎ゼミナール」やコース制、そのほか実践的なカリキュラムを用意しています。

経営学科HPへ

HOT LINKS