CONTENT


沿革


  関東学院大学経済経営研究所は、経済学部の発足に伴い1949年(昭和24年)4月、経済研究所として成立した。成立当時は、経済学会と合同で教授研究会という形で、随時お互いの研究発表を行い、それを中心に、討論し、お互いを高めるという目的を達することに努めた。

  しかし、やがて経済学会と経済研究所は運営上区別されるようになり、1962年(昭和37年)4月、経済研究所の規定が成立する運びとなった。その第1条においては、「経済に関する理論的ならびに実証的研究を行うことを目的とする」、との文言が目的として掲げられている。こうして、それまでは個別研究の助長という形をとっていた研究所は、テーマを掲げて共同研究を進めるという方向を採用するに至った。

(『関東学院大学経済研究所年報』第1集、「創刊にあたって」から)

 以下に簡単に研究所の沿革を列挙する。

  • 1963年3月

  •                    『経済研究所研究報告』第1集(特集「横浜経済の課題)公刊
  • 1978年3月

  •                    『経済研究所年報』第1集(特集「市民社会の基礎的研究」)公刊
  • 1993年4月
  •  
                        経済経営研究所に名称変更