経営学科
「経営学科ブログ」の説明
ゼミナール紹介
 経営学科の専任教員が担当する専門ゼミナールの活動報告!

現役学生の活躍
 経営学科に在籍する学生の課外での活躍を紹介!

卒業生からのメッセージ
 経営学科を卒業し、社会人として活躍する卒業生からの熱いメッセージ!

教員の社会活動
 経営学科の専任教員の学外での活躍を紹介!

経営学科ブログ - 最新エントリー

 こんにちは!佐藤ゼミ4年のゼミ長佐藤克紀です。去る2014年2月14日大雪の中横浜の関内メディアセンターにおいて卒業論文発表会を行いましたのでご報告致します。

 

 ゼミの恒例行事である卒論発表会は、4年生が各自の卒論についてパワーポイントを用いてプレゼンする、研究の集大成ともいえる場です。ゼミの全学年参加で、下級生との質疑応答タイムがある他、会の最後には優れたプレゼンに対する投票が行われるので、4年生も気を引き締めて臨みます。
 発表時間15分という制約のなかで、いかにテーマの面白さを伝え、問いから結論に至るまでの要点を分かりやすく説明できるか(そして話の緩急で聴衆を眠らせないか!)、これがプレゼンの成否を決めるのではないかと思われます。

 
 
 

 発表内容は多岐に渡っていました。「AKB48」の成功についてマーケティング戦略の枠組みから分析したものもあれば、後発ブランドの戦略という視点からレクサスによる高級車市場の攻略を分析したもの、「TSUBAKI」に代表される高機能シャンプー市場で起きたコモディティ化現象について論じたもの、さらにジェンダーとファッションの関わりについて論究したものや売場での消費者の購買行動研究(ショッパーマーケティング)の研究をレビューした学術的なものまで・・・硬軟入り混じっていますが、これも佐藤ゼミならではのことで、「自分の興味のあることをとことん追究すべし」という方針が浸透しているからこそだと思います。

 
 
 

 下級生からはこうした発表に対してユニークな視点での質問や鋭いコメントが度々出てきて、学年を超えて活発な議論が起こりました。ゼミ全員による投票の結果、上位者は表彰されるとともに赤い薔薇一輪というバレンタインらしい“粋”な賞品が贈られました。

 
 (ゼミ生による投票で優秀プレゼンに選ばれた3名)
 写真中央が筆者、写真右が山田翔平君、写真左が山下敦志君

 そして、発表会後は雪が降りしきるなか近くの懇親会会場「BAMBINO(関内店)」へ。オシャレなバーカウンターのある店内を貸切りにして、ワイワイ語り合うひと時。4年生から佐藤先生へ感謝の気持ちを込めて制作された3年間のゼミ生活を振り返るムービーの上映や、日傘(※日傘は志乃先生の必須アイテムです)と手製のメッセージ入りアルバム、プレミアムチョコの贈り物があり、更に、3年生から4年生全員に記念品のサプライズも。これまでを振り返ってちょっとしんみりする場面もありながら笑って盛り上がって・・・そしてほのぼのする会になりました。2年生、3年生のみんな、素敵な会をありがとう。3年生は就活と卒論、ともに頑張ってください。

 
 

 佐藤ゼミでいい経験ができたこと、いい仲間に出会えたことに感謝しています。今後ものびのびとしながらも互いに切磋琢磨し合うゼミであり続けてほしいと願っています。

 (2013年度卒業生 佐藤克紀)

 こんにちは!佐藤ゼミ3年の鈴木貴生です。平山健太君と中島由貴さんの3人で今夏の合宿の企画を担当しました。幹事の代表として、夏合宿の活動についてご報告致します。

 

 8月26日〜28日、静岡県の熱川にある「ホテルカターラ」にて2泊3日の日程で行いました。あの「テルマエロマエ」の映画撮影にも使われたお洒落なホテルです。徒歩5分圏内にビーチがあり、温泉施設も充実、カラオケルームや室内プールもあって・・・・

 
 
 

 ・・・と、そんなお楽しみは、ちょっと先に置いておいて、まずは会議室を貸し切ってみっちりと勉強です。

 2年生はこの合宿が実質的な初顔合わせ。毎年恒例なのですが、3〜4人が1チームになって「KJ法」のグループワークに取り組みます。テーマは少子化問題。チーム全員が自分の持っている知恵を振り絞ってアイデアを出さないと進まないので、皆必死で意見を出し合います。更に、得られたアイデアを分類し、論理的に整理していく段階では、どういう「ロジック」でまとめたらよいか、互いに頭を悩ませ議論を重ねることとなります。そして翌日にはまとめた結果を3年生の前でプレゼンしなければならず、夜の休み時間も集まって作業を進めることも。真剣に準備をしているうちに、皆自然に打ち解けてきます。

 
 (真剣にグループワーク中)

 
 (3年生の先輩の前で発表中)

 3年生は、プレゼンの特訓です。前半は、決められたお題について1分間で分かりやすく話をする訓練を交替で繰り返し行います。話の内容・構成だけでなく、声や話し方、姿勢についてもビデオ撮影によってチェックします。撮った映像は全員で確認して互いの修正点についてコメントし合いました。
 後半は、就活も意識して「模擬面接」形式で行いました。4年生の先輩たちが、サプライズで“陣中見舞”に訪れて下さっていたので、面接官役をお願いすることに。いきなりのことで緊張したものの、エントリーシートの書き方なども含めて具体的なアドバイスを頂くことができ、充実したトレーニングになりました。

 さぁ、勉強が済んだらいよいよお楽しみタイムです!夏の思い出に残るイベントにしようと、我々幹事3人が綿密な下調べのもと練りに練ったお楽しみ企画も盛りだくさんで行いました。
 1日目の夜は、浜辺に出て打ち上げ花火大会、そして木々が生い茂る真っ暗闇の山道をひたすら廃墟スポットまで歩いていく“肝試し”(※注 幹事が下見して安全確認をしています)。2日目の夕方からは熱川の有名観光スポットをめぐりながら各地でどれだけ“おもしろ写真”を撮ってこられるかチームで競い合う「オリエンテーリング」。そして夜はホテルのカラオケルームを貸し切って「打ち上げパーティ」。みんな2日間のタイトなプログラムをこなした後で、開放感いっぱいに歌って踊って飲んで(※注 未成年者が飲んだのは烏龍茶です)、思いっきりはじけました。そうしていつのまにか夜は更けていき・・・3日目の朝、天気は快晴。ホテルの窓の下に広がる青い海をみて、元気が復活。熱川のきれいな海をみな存分に楽しんだところで、今年の夏合宿の締めくくりとなりました。

 
 

 今回の合宿は、2~3年の混合チームで楽しむ企画を多く行ったこともあり、自然な形で学年間の交流ができたのではないかと思っています。3年生は4年の先輩から“熱い”指導を受けられたこともあり、早い段階から就活を意識できました。2年生もゼミの雰囲気に慣れて、よい意味でリラックスして秋学期からのゼミ活動をスタートしてくれたらと思います。

 
 熱川の海辺に、全員集合!

佐藤ゼミ − 合同ゼミによる就活セミナーの実施報告 −

佐藤ゼミの長嶋昌也と山下敦志です。さる2012年12月1日(ちょうど就活解禁日でした)、就活キックオフセミナーと題して野中ゼミ、森ゼミ、佐藤ゼミが合同でセミナーを開催しましたのでご報告致します。毎年恒例行事となったこの合同ゼミは、各ゼミから2名ほど準備委員を選出し、企画・実施をしています。グループワークや模擬面接などを通じて情報交換したり刺激し合ったりすることで就活へのモチベーションを高めることが主な目的です。具体的には、ゞ罰ΩΦ罅θ表、▲泪福執嶌臓↓L狼写明椶裡海弔離瓮縫紂爾鮗損椶靴泙靴拭

    業界研究・発表 −長嶋昌也
1コマ目は、業界研究。金融、不動産、商社、旅行などの志望業界ごとにグループ分けを行います。同じ業界を志望する者どうしが業界内の主要な企業に関する情報収集を担当し、グループ内で発表します。裏方の準備委員としては、事前に志望業界・企業に関するアンケートを実施しグループ分けを適切に行うこと、当日、グループ内の活動がスムースに進むようにレイアウトを設定したり実施方針を策定したりすることに気を配りました。
 その甲斐あってか、当日は各グループで非常に活発な意見交換が行われた模様です。他のメンバーの企業分析をきくことによって、「自分とは違う視点を得られた」「既にかなり具体的に企業研究を進めている人がいると知ってよい刺激を受けた」などの意見がきかれました。

企業研究1・2

    マナー講座 −山下敦志
 2コマ目はマナー講座。男女別に教室を分けて、それぞれ専門の講師の先生から笑顔や挨拶、お辞儀の角度、シャキッとみえる姿勢など基本的なことについて指導を受けました。実際の面接場面を想定して入退室の所作についての指導も受けたのですが、僕はビシッと決めようと意気込んで臨んだにもかかわらず講師の先生から「作りすぎ」と言われてしまいました。こういった練習の場は絶対に必要で、場数を踏んで慣れておくことが大事だと思います。声の出し方、姿勢などちょっとした工夫で印象は大きく変えられるけれども、普段から意識して自分のものにしておかないと、やる気が空回りして“わざとらしい人”とみられてしまうかもしれません・・。

女子マナー講座 

    模擬面接−山下敦志
3コマ目は模擬面接。参加者全員が交替で面接官役と応募者役を体験します。毎年模擬面接は就活セミナーで実施していますが、本番の面接さながらの緊張感のあるやりとりができるように、今回はいくつか新しい試みを取り入れました。まず、事前に詳細なエントリーシートを記入・提出してもらい、同じ面接グループの人たちに本番前にしっかり読み込んできてもらうこととしました。これは、お決まりの質問だけでなく、エントリーシートの内容について突っ込んだ質問をしてもらうことが目的です。自分自身のエントリーシートの不備や問題点に気づく機会にもなると思います。更に、志望業界の企業に既に内定を得た4年生の先輩に面接官役として加わっていただく ことにしました。
面接官役をすることによって、自分の言動や振る舞いが面接官の目にどう映るのか、客観的な視点を得ることができ、非常にいい経験だったと思います。また、エントリーシートの書き方についてもただ記入するだけではいけない、自分のアピールしたい分野に話を引き込むためのきっかけになる要素を随所に埋め込んでおかなければならないということを実感しました。4年生の先輩からは面接中はかなり厳しい質問を投げかけられましたが、終了後には一人ひとりに丁寧なアドバイスを頂きとても勉強になりました。

模擬面接 

より緊張感のある、充実したセミナーにしようと準備委員一同創意工夫をこらし、準備は大変でしたが、本番当日は滞りなく進み、成功裡に終わりました。合同ゼミということで初顔合わせのメンバーも多数いましたが、全体的にとても和やかな雰囲気で行われました。しかし、発表や模擬面接の時はみな真剣で、参加者それぞれが就活に向けて意識を新たにしていることが感じられる一日でした。

佐藤ゼミ活動報告 −南房総の海辺で過ごす2泊3日の夏合宿

 こんにちは!佐藤ゼミ3年の山田翔平です!外山君、長嶋君、野島さんらとともにゼミ合宿の幹事として企画・運営を行いました。幹事を代表して、夏合宿の活動についてご報告致します。
   佐藤ゼミでは、ゼミ生が合宿の企画を行います。新たなメンバーである2年生との交流を図る目的もあり、参加者全員が楽しめるような合宿にしようと幹事のメンバーが行先を含めて計画を練りました。
 今夏は千葉県南房総の鋸南町にある海辺の合宿所、「サンセットブリーズ保田」にて2泊3日の日程で行いました。横浜からバスでアクアラインを通り(途中「海ほたる」にも寄り道)、約2時間で現地に到着。海がすぐ裏手にあり、自然に囲まれた素晴らしい環境です。
 
 到着したら早速、「勉強」開始。結構みっちりやります。2年生は毎年恒例なのですが、KJ法に取り組みました。テーマは少子化問題。KJ法について説明を受けた後は、グループに分かれて徹底的にアイデアを出し合います。ここで、お互いに遠慮なく意見を出し合うので、初顔合わせのメンバーの間でも自然と話しやすい関係ができていくように思います。出てきたアイデアについて議論し、整理して模造紙にまとめ、翌日のプレゼンに備えます。プレゼンでは先輩からも容赦なく質問が飛んでくるので、準備にも気合が入っている様子。

   3年生は、複数のお題目について個々人でプレゼンをするトレーニングをしました。これは就職活動を多少意識したものです。「感動したこと・面白かったこと」「興味をもった最近の経済ニュース」「自己PR」など特定のトピックについてそれぞれ制限時間を設けて皆の前で何度も繰り返しプレゼンするのですが、その姿をビデオで撮影し、自分たちの欠点を互いに分析しました。改めてビデオで確認すると、話し方や姿勢などそれぞれの癖もはっきり自覚させられますし、短時間に分かりやすく話をまとめる練習にもなったと思います。

 さて、合宿は勉強するだけではありません。お楽しみのレクリエーションも盛りだくさんに企画しました!
 

  海遊びに花火大会、そして学年・男女混合のチームで球技大会。体育館を貸し切り、バスケ、バレーの真剣勝負。優勝チームのメンバーには、鋸南町名物の生乳ソフトクリームが!最後の夜はサンセットブリーズ内のお洒落なバーを貸し切っての打ち上げパーティー。思いっきり学び、思いっきり楽しんだ3日間でした。

       体育館でのチーム対抗球技大会・・・全員集合イェーイ!

 

    今回の合宿は、メンバーがみな積極的に協力してくれたこともあり、それぞれの企画を首尾よく進められました。学年の垣根を越えて親睦も深まり、とても充実した合宿になったのではないかと思います。

佐藤志乃ゼミ3年の新田航です。今夏、2〜3年生合同で2泊3日の合宿を行いましたので、ご報告いたします。毎年3年生数名が幹事となり自分たちで企画を立てるのですが、「森の中のお洒落なコテージに泊りたい」という女性陣の要望もあり、昨夏の海辺の合宿から一変、今年は伊豆高原の緑に囲まれた貸別荘「ルネッサ赤沢」での合宿となりました。

◆グループワーク
2年生は、合宿恒例の課題であるKJ法に取り組みました。テーマは「少子化」。各班で議論した内容を模造紙にまとめ上げ、発表を行いました。昨年同じ課題に取り組んだ3年生からあれこれ質問されるので、2年生はかなり緊張していた様子。
3年生は、ゼミで取り組んできたデンタルガム市場についての業界研究の成果を発表しました。ガム市場においては「ロッテ」「明治」「クラフトフーズ(旧キャドバリージャパン)」「グリコ」の4社が上位を占めていますが、グループごとに担当する企業の戦略や課題について検討し、パワーポイントを使ってプレゼンを行いました。後輩の前で失敗できないと3年生も少しばかり緊張・・。

◆レクリエーション
合宿初日、みっちり勉強した後は、レストランでバイキングの夕食。その後はクイズ大会と飲み会。予想外の難問奇問?に少し酔っているのか珍答・迷答が続出!!
2日目の夕食はバーベキューそしてお楽しみの花火大会。庭をにぎわす虫の声に耳を澄ましつつ、それぞれのコテージであれやこれやと語り明かし・・・いつのまにか夜が更けていきました。

2泊3日の合宿は長いようでいてあっという間でしたが、学年の垣根を越えて2・3年生が話せる機会があり、自然に囲まれたよい環境のなかで和気あいあいと楽しめたのではないかと感じています。2年生は初めて参加するゼミ活動でしたが、これをきっかけによい仲間を作り、楽しいゼミにしていってもらえたらと思っています。

経営学科トピックス
HOT LINKS