共通科目教室

カリキュラム
外国語科目の授業


 ■ 選択必修英語科目(このなかから12単位を取得しなければなりません)
 1. 

原則として、クラス指定の科目で、各科目Iを春学期に、IIを秋学期に開講します。

 2.

原則として、受講登録前の取得資格(英検、TOEIC等)、または、クラス分けテストの得点による習熟度別クラス編成になっています。ただし、本人の申し出により受講レベルの変更は可能です。

 3.

1年次配当科目(1・2セメスター配当科目)は、各セメスター配当科目より2単位ずつ、合計4単位を選択履修してください。

 4.

1年次配当科目(1・2セメスター配当科目)の再履修については、各科目初級I・II 双方の再履修クラスを春・秋両学期に開講します。

 5.

2年次配当科目(3・4セメスター配当科目)については、I、II、海外語学演習[英語]より8単位を選択履修してください。IとIIの履修単位数は同一でなくてもかまいません。さらに、4単位までは英語以外の外国語で代替可能です。

 6.

各科目ともI、II、III、IVの履修順序は問いません。

 7.

上記のシステムにより、なんらかの事情で指定クラスの選択必修英語科目の単位が不認定となっても、次のセメスターで不足単位分を履修登録することが可能です。

 ◆原則として、1セメスターで履修すべき科目 ※(1)は1単位科目
 ・英会話(初級)I(1)
 ・英会話(中級)I(1)
 ・上級英会話I(1)
 ・フレッシャーズ・イングリッシュ(初級)I(1)
 ・フレッシャーズ・イングリッシュ(中級)I(1)
 ・アドバンスト・イングリッシュI(1)

 ◆原則として、2セメスターで履修すべき科目 ※(1)は1単位科目
 ・英会話(初級)II(1)
 ・英会話(中級)II(1)
 ・上級英会話II(1)
 ・フレッシャーズ・イングリッシュ(初級)II(1)
 ・フレッシャーズ・イングリッシュ(中級)II(1)
 ・アドバンスト・イングリッシュII(1)

 ◆原則として、3セメスターで履修すべき科目
 ・論文・論説の英語(初級)I
 ・論文・論説の英語(中級)I
 ・マス・メディアの英語(初級)I
 ・マス・メディアの英語(中級)I
 ・オーラル・イングリッシュ(初級)I
 ・オーラル・イングリッシュ(中級)I
 ・国際関係と地域研究の英語(初級)I
 ・国際関係と地域研究の英語(中級)I
 ・言語と文学の英語(初級)I
 ・言語と文学の英語(中級)I
 ・上級英語I
 ・上級英語III

 ◆原則として、4セメスターで履修すべき科目
 ・論文・論説の英語(初級)II
 ・論文・論説の英語(中級)II
 ・マス・メディアの英語(初級)II
 ・マス・メディアの英語(中級)II
 ・オーラル・イングリッシュ(初級)II
 ・オーラル・イングリッシュ(中級)II
 ・国際関係と地域研究の英語(初級)II
 ・国際関係と地域研究の英語(中級)II
 ・言語と文学の英語(初級)II
 ・言語と文学の英語(中級)II
 ・上級英語II
 ・上級英語IV


 ■ 選択英語科目(履修しなくても卒業できます)
 1. 全科目、1年次より履修できます。
 2. 各科目Iを春学期に、IIを秋学期に開講します。
 3. 全科目ともI、IIの履修順序は問いません。

 ◆1セメスターから履修できる科目
 ・経済・経営の英語I
 ・時事英語I
 ・エッセー・ライティングI
 ・英語で読む文学I
 ・リスニング・コンプリヘンションI
 ・オーラル・コミュニケーションI
 ・実用英語(文法・読解)I
 ・実用英語(リスニング)I

 ◆2セメスターから履修できる科目
 ・経済・経営の英語II
 ・時事英語II
 ・エッセー・ライティングII
 ・英語で読む文学II
 ・リスニング・コンプリヘンションII
 ・オーラル・コミュニケーションII
 ・実用英語(文法・読解)II
 ・実用英語(リスニング)II



英語以外の外国語科目(4単位までは、3・4セメスター配当の選択必修英語科目に代替可能な科目です)

1. 

各科目Iを春学期に、IIを秋学期に開講します。

2.

各国語初級・初級会話I、各国語初級・初級会話II、実用各国語I、実用各国語IIの順に段階的に履修してください。


 ◆1セメスターから履修できる科目 ※(1)は1単位科目
 ・各国語(ドイツ語 フランス語 スペイン語 ロシア語 中国語 ハングル)初級I(1)
 ・各国語(ドイツ語 フランス語 スペイン語 ロシア語 中国語 ハングル)初級会話I(1)

 ◆2セメスターから履修できる科目 ※(1)は1単位科目
 ・各国語(ドイツ語 フランス語 スペイン語 ロシア語 中国語 ハングル)初級II(1)
 ・各国語(ドイツ語 フランス語 スペイン語 ロシア語 中国語 ハングル)初級会話II(1)

 ◆3セメスターから履修できる科目
 ・実用各国語(ドイツ語 フランス語 スペイン語 ロシア語 中国語 ハングル)I

 ◆4セメスターから履修できる科目
 ・実用各国語(ドイツ語 フランス語 スペイン語 ロシア語 中国語 ハングル)II



留学生科目
1. 

留学生科目は、留学生のための科目です。留学生以外は履修することができませんので注意してください。

2.

各科目I は春学期に、IIは秋学期に開講します。

3.

△の科目は、選択必修英語と代替できます。

 ◆原則として、1セメスターで履修すべき科目 ※△は選択必修英語と代替できる科目、 (1)は1単位科目
 ・△日本語理解I(1)
 ・△日本語表現I(1)

 ◆原則として、2セメスターで履修すべき科目 ※△は選択必修英語と代替できる科目、(1)は1単位科目
 ・△日本語理解II(1)
 ・△日本語表現II(1)

 ◆原則として、3セメスターで履修すべき科目 ※△は選択必修英語と代替できる科目
 ・△論文・論説の日本語I
 ・△日本語・言語と文化I

 ◆原則として、4セメスターで履修すべき科目 ※△は選択必修英語と代替できる科目
 ・△論文・論説の日本語II
 ・△日本語・言語と文化II

 ◆1セメスターから履修できる科目 ※(1)は1単位科目
 ・基本英語理解I(1)
 ・基本英語表現I(1)

 ◆2セメスターから履修できる科目 ※(1)は1単位科目
 ・基本英語理解II(1)
 ・基本英語表現II(1)



 ■ 海外語学演習、留学プログラム(履修しなくても卒業できます)
 実施時期等は科目およびプログラムごとに異なります。「経済学部の紹介」→「留学制度」の記載にある語学研修プログラムを参照してください。

 ◆海外語学演習の科目内容
 ・海外語学演習[英語]
 ・海外語学演習[ハングル]
 ・海外語学演習[中国語]



▲ページトップへ
共通科目トピックス
HOT LINKS