CONTENTS



経済学科


大住 莊四郎 (おおすみ・そうしろう)  教授   主要担当:地方財政I II

研究テーマ その他担当科目
パブリック・マネジメント理論研究
NPOマネジメント研究
都市公共サービス勘定の開発
ソーシャル・アントレプレナー研究
経済学入門、ゼミナール
研究内容
地方分権改革が進む中で、都市・地域の再生・発展に関する研究を、地域を基盤にして進めていくことが求められています。都市・地域マネジメント論とは、都市・地域を構成する「地方自治体」「非営利組織(NPO):病院・福祉団体・学校」「ソーシャルアントレプレナー」「CSR(企業の社会的責任)」などの組織や集団のマネジメントの確立とそれらを統合し都市や地域の発展のための意思決定システムを作り上げることです。非営利組織の経営は企業経営との共通点はあるものの、社会的意義やミッションを組織のゴールとすることから企業経営の考え方や手法を修正する必要があります。また、都市自治体という地域のマネジメントは、ビジョンや政策目標の形成と実行をこれらの組織間で協働し進めていく必要があります。このような視点で、都市・地域マネジメントを進めるうえでのマネジメント情報の設計・マネジメント手法の開発・マネジメントシステムの設計を現在の研究対象としています。
ゼミテーマ
『都市経営を考える』
 地方分権改革に伴って、都市自治体では自律的経営システムの確立が課題となっています。本ゼミナールでは、主要な先進諸国の都市経営で一般的になっている、ニュー・パブリック・マネジメント(New Public Management:新公共経営)論を学びながら、都市自治体の経営革新を学ぶとともに、都市自治体のプレーヤーとして注目されているNPO/ソーシャルアントレプレナーへの期待や役割を理解しそのマネジメントについても学びます。

所属学会 American Society for Public Administration 国際公会計学会、日本財政学会、日本地方財政学会、日本公共政策学会、公共選択学会、日本自治学会、景気循環学会

趣味   研究室
旅行・登山・絵画・バロック音楽 経済学館6F 608号室 Tel/Fax:045-786-4931
ホームページアドレス
HOT LINKS