CONTENTS



経済学科


渡邉 憲正 (わたなべ・のりまさ)  教授   主要担当:社会科学概論

研究テーマ その他担当科目
イデオロギー論
社会科学論
共同体/共同社会論
ゼミナール
研究内容
『近代批判とマルクス』(1989年)では、初期マルクスの形成史を論じた。『イデオロギー論の再構築』(2001年)では、イデオロギーと科学の関係について論じた。現在は、イデオロギー論の延長として、ナショナリズム、保守主義の研究、共同体論の研究を続けている。
ゼミテーマ
『現代社会と社会科学』
 ゼミI: 社会保障関連の諸問題(高齢者福祉、障害者福祉、年金問題等)、ゼミII: 民族問題(民族差別、民族紛争、ナショナリズム等)、ゼミIII:労働問題(失業問題、女性労働、若年労働者問題等)、と基本テーマを定めてテキストを読み、研究している。 ゼミII・IIIでは小論文の作成(テーマ自由)に取り組む。ゼミナールIV・Vは、卒業論文(400字詰原稿用紙100枚、テーマ自由)作成の指導中心。
趣味   研究室
囲碁、書の鑑賞 経済学館512号室
ホームページアドレス
HOT LINKS